北朝鮮側から板門店に行きました。

北朝鮮側から板門店に行きました。

2014年4月16日(水)
7時にガイドさんからモーニングコールがあり、着替えて、朝食を取りました。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

北朝鮮側から板門店に行きました。

 

朝食はこんな感じ。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

海苔が美味しかったです。韓国海苔と同じですね。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

8:30出発。バスで板門店に向かいます。2時間かかります。
朝すごく寒い。昼から暑くなります。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

ガイドさん「おはようございます」
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

これ高速道路。とにかく一直線の道。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

バスに乗っていれば板門店に着くのですが、
とにかくガタガタ揺れます。
道路は一応アスファルトなのですが、舗装されていないと言って良い状態なのです。
板門店に興味のない人が2時間バスに揺られるのはきついと思います。
そして、帰りも2時間かかります。

 

 

1時間ほど走ったところでパーキングエリアに止まりました。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

こんなふうに観光客がたくさんいます。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

駐車場。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

この奥にトイレがあります。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

北朝鮮の山は木が切られ、丸ハゲになっています。木を燃料に使ってしまったのです。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

高速道路。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

たまに車が通ります。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

 

板門店に着きました。
着いた直後、撮影を禁止されました。お土産屋は撮影OKでした。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

北朝鮮側から板門店に行きました。

 

北朝鮮兵士が板門店、朝鮮戦争の歴史を説明してくれました。
ガイドさんが英語、日本語で通訳してくれました。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

バスで国境付近に移動します。
非武装地帯(DMZ)の金網です。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

韓国が侵攻してきた際にはこれを落として道を塞ぐそうです。
韓国側にもこんなのがありましたね。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

DMZ内は武装してはいけない地域です。韓国側と同様、農地になっています。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

北朝鮮側から板門店に行きました。

 

国連軍と人民軍の話し合いが行われた停戦会議場。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

私も座ってみました。
この日の午前中は本当に寒かったので、コートを着て、マフラーを巻きました。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

 

次に、朝鮮戦争休戦会議場を見学しました。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

ここで国連軍が停戦協定にサインしました。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

国連の旗。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

こちらは朝鮮軍が停戦協定にサインした机。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

北朝鮮側から板門店に行きました。

 

 

朝鮮戦争に関する資料が掲示されていました。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

北朝鮮側から板門店に行きました。

 

金正恩も来たんですね。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

金正日。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

 

さて、少し歩いていよいよ板門店の国境付近に行ってみましょう。
軍人さんが笑っている。この人、意外と笑っていました。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

私は2年前と4年前、向こう側からこちら側を見学したのでした。
それがこの度、北側から韓国側を見学することができました。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

北朝鮮側から板門店に行きました。

 

兵士がいる向こう側が韓国側です。向こう側にはもちろん行けません。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

昼時に行ったので、韓国側の観光客はいませんでした。
ランチタイムだったので、観光時間ではなかったのでしょう。

 

 

韓国側から板門店の見学は結構制約が多いです。
国連軍のイベントが入ると見学中止、韓国の休日は見学中止。
何かにつけ中止になります。

 

 

同じような写真を何枚も撮りました。
北朝鮮側から板門店に行きました。

 

北朝鮮側から板門店に行きました。

 

正味1時間半ほどでしょうか。
ゆっくり見学することができました。

 

 

ゆっくり見学をしたいならば北朝鮮から板門店を見学することがおすすめです。
できれば、韓国側の観光客がいたら良かったです。
「おーい」と手を振ってみたいですね。

 

※韓国側の観光客は「北朝鮮側に手を振ったり合図してはならない」と厳しく
言われているので、反応されないと思いますが。

 

 

あとやってみたいのが、友達と日時を合わせてここに来る。
友達は韓国側。私は北朝鮮側。

 

ここで秘かに携帯電話を取り出して、あちら側に居る友人と電話で会話する。
板門店ならばソウルのローミング電波が届いているはずです。
携帯が使えそうです。

 

私:「おーい、そっちどう?」

 

友達:「どうって、、、こっちは晴れてるよ!」

 

私:「おお、こっちも晴れてるよ」

 

友達:「そりゃそうだ!30mしか離れてないじゃん笑」

 

という会話が楽しめそうです(笑)

 

 

これで板門店の見学は終わりです。
昼食を取ってから開城に向かいます。

 

開城(ケソン)に行きました。のページに進む


DMZ TOP 烏頭山統一展望台 板門店(南から) 第4トンネル 板門店(北から)